映画『天使にラブ・ソングを…』売れないナイトクラブの歌手がシスターに!?【傑作】

ドラマ
ドラマ 映画の感想

『天使にラブ・ソングを…』

 

 

Kycha
Kycha

自粛期間中、地上波で『天使にラブ・ソングを…』が放映されましたねっ!!!

こんな傑作をむしろなんで放映しなかったんだろうか?ホラーとかならわからなくもないけども、こういう映画はもっと放映していって欲しいな!!!

それでは作品情報とレビューいきます!

 

天使にラブ・ソングを… (吹き替え) – 予告編

 

作品情報

製作
1992年

製作国
アメリカ

上映時間
100分

監督
エミール・アルドリーノ

キャスト
ウーピー・ゴールドバーグ
マギー・スミス
ハーベイ・カイテル
キャシー・ナジミー
ウェンディ・マッケナ
ビル・ナン

 

あらすじ

 

ネヴァダ州リノのカジノで歌うクラブ・シンガー、デロリス=ヴァン・カルティエ(ウーピー・ゴールドバーグ)は、一帯の顔役で、自身の愛人でもあるヴィンス(ハーヴェイ・カイテル)が組織の裏切り者を殺す現場を見てしまう。警察へ駆け込んだデロリスをサザー警部(ビル・ナン)はサンフランシスコの修道院に匿うことにした。

映画.com』より

 

レビュー

 

個人的評価:★★★★★

 

最初から最後まで面白い!何度見ても感動する映画!

 

文句なしの星5個!最初から最後まで面白い貴重な映画です。

 

中学生の頃に、音楽の授業でこの映画を鑑賞したことがありました。(他にもそんな人いるのかな?)
それ以降定期的に観たくなっては鑑賞しているのですが、やっぱり何度見ても鳥肌が立つほどの感動
ちなみに『2』もありますがこちらもよくできています。感動すること間違いなし。

 

ウーピー・ゴールドバーグ(役名:デロリス)が地で歌がうまいのでそれにも魅了されました。歌える女優っていいよね。

 

一押しのシーンはなんと言っても、デロリスが合唱を監修して初のミサ
そこで合唱を披露するわけですがまた絶妙にアレンジを加えてあって視聴者もノリノリになること必至!
これまで教会に興味すら持っていなかった若者が教会の扉を開くきっかけになった出来事でもあります。マジでカッコええ。
(デロリス、これだけの能力があってなんで歌手として売れなかったんだろうか…不思議。)

 

中には歌のうまくないシスターもいますが、それさえもうまく調和させて合唱団を作り上げてしまうのですね、デロリスは。
もうこれを生業にしたらいいのにっw

 

シスターたちの個性が最高!

 

デロリスが匿われることになった教会にはもちろんシスターが大勢いるのですが、そのシスターたちの個性が最高

 

おしゃべり好きで好奇心旺盛なシスターメアリーパトリック、内気で優しいが歌声はパワフルなシスターメアリーロバート、保守的で新しいものを好まないメアリーラザラスなど多くのシスターが登場します。

 

特にメアリーパトリックは陽気すぎて、場末のバーにデロリスを追って現れた際にジュークボックスから流れる音楽にノリノリで躍っちゃう(しかも割とうまい)。

 

一番驚くのは内気で弱々しそうなメアリーロバートの歌がクッッソうまいことに気づく瞬間。
最初は声がほとんど出ていなかったけど、これもデロリスのおかげてパワフルボイスが出るようになるんですね〜すごい。
そして一番可愛い。目に入れても痛くないくらい可愛かった。

  

このシスターたちは2にも出るので興味ある人は2も観てみてね。

 

サントラもおすすめ!

 

私は中学の時にこの作品を知って大ハマりしたのでサントラも買いました!

 

合唱で歌われている曲はもちろん、デロリスがナイトクラブで歌っている曲やバックグラウンドで流れている曲なども数多く入っていたと記憶しています。
(残念ながら、Apple musicには映画内で歌われている原曲が聞けない状況でした。)

 

ここではAmazonで売っていたサントラCDを紹介しておきます↓
映画原曲に拘らない人はサブスクリプションでもいいかも!

 

 

この映画は↓
家族でも観れます!一人でも楽しめます!何度見ても面白いです!
なので超おすすめ。地上波で観た人も多いと思うけど、数年後とかに観てみるとまた楽しめると思います(*’v’*)

 

 

❤︎良かったらポチッとお願いします❤︎

 

▼SNSはこちら!更新をお知らせします▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました